防災用LPガスエンジン発電機(3kVA)

製品Q&A

導入についてよくあるご質問をまとめました。

Q. この発電機は、消防法施行規則の自家発電設備の基準に適合する認定製品ですか?
A. 本発電機は、消防法上の消防設備(※1)向け非常用発電機(※2)とは異なります。
また、建築基準法上の建設設備の予備電源(※3)とも異なりますので、ご注意ください。
本発電機は、BCP対策として、72時間以上の長時間の稼動を得意とし、停電時のバックアップ電源として活躍します。
※1 消防設備とは
消防設備等
出所:日本電気技術者協会 HP https://www.jeea.or.jp/course/contents/11204/

※2 非常用発電機とは
停電に備え、消防法により義務付けられた建築物の防災設備(屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、非常用照明装置等)の非常時の電源となるものをいう。

※3 予備電源とは
建築基準法により常用電源が停電した場合に備え、特定の建築設備(排煙設備、非常用の照明装置等)に設置が義務づけられている電源(自家用発電装置又は蓄電池設備)をいう。
Q. 非常用発電機とは何が違うのですか?
A. 消防法により義務付けられている建築物の防災設備(屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、非常用照明装置等)や建築基準法により義務付けられている特定の建築設備(排煙設備、非常用の照明装置等)を供給対象としていない点が異なります。
Q. 発電機が供給する電気の品質は?
A. 50Hz交流100V(単相2線)です。
本発電機はインバーター発電機です。エンジンの回転エネルギーを、発電機を通じて交流電力にし、その後、インバーターを通じて直流電力に変換し、最後に商用電力と同じ品質の交流電力に変換して供給します。
Q. 実績はありますか?
A. 本発電機は、既に国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録されています。
実績の1例として、国道16号線の道路情報標示板の「簡易型非常用発動発電装置」として設置実績 があります。
Q. 電気主任技術者の設置が必要なのでしょうか?
A. 本発電機は 10kW未満ですので、電気事業法における「自家用電気工作物」には相当せず、電気主任技術者の選任と保安規程の届出は不要です。
Q. LPガスの取り扱いは誰がやるのでしょうか?
A. お客さまとの燃料供給契約にて、関電工と連携したLPガス供給事業者(保安業務有資格者)が担当します。
Q. LPガス保安上の緊急時の対応は誰が行うのでしょうか?
A. 緊急時には、LPガス供給事業者(保安業務有資格者)が速やかに適格な措置を講じます。
Q. 長時間運転する場合には、LPガス容器をどのように設置したらいいのでしょうか?
A. 50kgシリンダー容器を自動切替弁を交えて多数連結して設置します。これにより、連続稼動時の燃料の補給が不要となります。
Q. LPガス容器の保管に必要な資格はあるのでしょうか?
A. 300kg未満(例:50kg容器×5本、30kg容器×1本)までは、消防署への届出が不要です。300kg以上の場合には、消防署への簡単な届出が必要となります。
Q. 燃費はどの程度でしょうか?
A. 72時間の連続稼動を想定する場合には、50㎏のガス容器を2本設置することになります。
Q. 発電機の動作可能の周囲温度を教えて下さい。
A. -5℃〜40℃です。
Q. LPガス容器は、防災備蓄倉庫など、室内に備蓄することはできますか?
A. 室内での保管はできません。LPガスは、①風通しがよいこと、②40℃を超えないこと、③発火物から2m以上離れていることが求められています。
Q. 40秒以内の電力供給ではなく、無瞬断での電力供給は可能でしょうか?
A. UPS(蓄電池)との組み合わせで可能です。
Q. 遠隔で動作状況を確認できるのでしょうか?
A. 通信機能を搭載しており、オプションとして、発電機を遠隔監視・制御するしくみを構築することで、確認できます。(通信回線は別途契約が必要となります)
Q. 配電線が来ていない地域で、独立電源として利用することは可能でしょうか?
A. UPS(蓄電池)との組み合わせで可能です。ただし、個別の運用に適したUPSの選定が必要になります。
Q. 容量サイズの大きい発電機はありますか?
A. 50kVAを開発中です。
Q. 電源車として購入することは可能でしょうか?
A. 現在は販売しておりません。技術的には確立しておりますので、将来の販売は可能です。
Q. 地域で開催する防災展への出展をお願いできますか?
A. info_lpgg@kandenko.co.jpにメールでお問い合わせ下さい。対応させて頂きます。
Q. 発電機のメンテナンスは関電工が行うのでしょうか?
A. 保守メンテナンスは簡単で、関電工と連携したLPガス供給事業者が行います。
Q. 保守メンテナンス価格はいくらでしょうか?
A. お客様のご要望により異なりますが、年間5万円〜12万円程度を想定しております。
Q. 設置工事はどのようなものになるのでしょうか?
A. 大きく分けて①電気工事 ②ガス供給工事の2つです。
①電気配線工事、分電盤の切替工事(必要に応じて)がございます。
②LPガスボンベを設置する架台組立、ガス配管設置、発電機接続等がございます。
Q. 燃料の調達及び補給は誰が行うのでしょうか?
A. 関電工と連携した地域のLPガス供給事業者が行います。
Q. 発電機の保証期間は?
A. 1年です。

お問い合わせはこちら

製品パンフレットのダウンロードはこちら